思い出の虎戦士



[63] 江本孟紀 Name:尼トラ@党首 MAIL Date:2016/09/10(土) 07:08 [ 返信 ]
ご存知、「ベンチがアホやから。」の男。
(笑)
まさか、その後に本が売れて国会議員にまでなるなんて想像もしてなかった。
本人に言わせると、交代を告げられた後に通路で
何を言ったのかは覚えてないらしいが。
当時の監督は中西太、投手コーチは藤江。
中西は打撃コーチとしては一流の評価をされてるが、
監督としては気が弱くて評判が悪かった。
投手コーチの藤江も前監督のブレイザーが連れて来たコーチで、
コレも評判が悪かったのを覚えている。

江本は南海からタイガースに来て古沢と二本柱の形で投げていた。
私のイメージは江本の時はバックがよく打っていて
古沢の時は打線の援護がなかったという感じ。

オールスターで大阪球場に行った時、私は南海時代の江本を見ている。
それも試合後にファンが待っている出口を出てきた。
しかし、誰も騒がない。
江本と気づいたのは、私も含めて少数だったのではないか?
それぐらい当時のパリーグは人気がなかったのだ。




  



無料レンタル掲示板 WEBでき